お知らせ&コラム

民家に見る日本の構造

 日本の建築は木造であるということが大きな特徴です。 どうして木造でなければならなかったのか、その理由は、   ○我が国は森林国で、良質の木材が身近に、しかも豊富にあった。 ○高温多湿の、日本の夏の生活に木材が適していた。 ○地震に対して、構造的に木材が最も適していた、からなのです。   ...

続きを読む

古い民家も生きかえる

 昔から「古屋の造作」と言うことわざがあります。古い家にお金をかけて良くしようとしても、効果がないと言う意味のようです。    特に近年たやすく家を造れる時代になって、古い家に手を掛けることを嫌い、古い家を改善しようとする努力を回避してきたように思えてならないのです。そしてあきらめていた向...

続きを読む

耐久力のある民家

 百年、いや二百年もの昔の民家が今もって生き続けながら、なお余力のあるその生命力には、ただ恐れ入るばかりだ。そしてその魅力も決しておとろえていない。いや、年と共に増すように思われる。    それに比較して、昨今のものは、その生命力において、又、魅力においても大変にひ弱で、はかない夢のような...

続きを読む

今なぜ民家なのか

 昨今、都会の団地のアパートに住む人間たちの間に、もし可能だとしたならば、茅葺の民家に住んでみたい。と云う希望をもった人が非常に多いと云う。    しかし、かつての茅葺の民家は、日本の暗い生活、みじめな生活のイメージの残った最たるものであったように思う。 そう云うくらいもの、みじめなものか...

続きを読む